おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>債務整理と自己破産


債務整理とはおまとめローンを利用しても多重債務から逃れられない人やおまとめローンを利用出来ずに多重債務に苦しんでいる人を救済するための措置です。

債務整理に関する正しい知識と理解があれば闇金やおまとめローン詐欺などに引っかかる事なく多重債務の苦しみから解放されます。 債務整理には任意整理、民事再生、自己破産という三種類の方法があります。弁護士に債務整理を依頼すると介入通知が債権者に対して送られ、裁判の結果が出るまでの間の取り立てや督促をストップさせる事が出来ます。

債務の総額が140万円以下の場合、司法書士にも訴訟代理権が認められています。 任意整理を行うとその後の金利が無くなり債務総額と毎月の返済額を圧縮する事が出来ます。また任意整理の場合、圧縮したい債務だけを選んで整理することも可能です。 キャッシングや支払いの滞った事のある人の場合、通常よりも高利を払っている場合があるので任意整理をするとかなりの金額分の圧縮が見込めます。また支払いを残してクレジットカードが使える状態にしておく事も可能です。

ただし、信用調査機関には任意整理の情報は渡る事になるため新規のキャシングなどは実行されない可能性が高くなります。 任意整理の場合は債権者と債務者の協議の上で決められます。
ただし、交渉は自分で行うよりも弁護士に依頼したほうが有利に進みます。

民事再生とは返済が困難な状態に陥った場合にその事実を裁判所に申し立てて認めてもらい、減額された債務を3年分割にして返済する制度です。 減額される金額はケースバイケースですが、1/5〜1/10程度までの減額が可能です。
ただし住宅ローンは民事再生の対象外ですので、返済を継続しなければなりません。 リストラなどで職を失い、再就職後の年収が減ってしまった人などには向いている制度です。

3つ目は自己破産ですが、この場合ある程度の社会的な制約を受ける事になりますが、日常生活を送る分にはそれほどの悪影響はありません。 自己破産には社会生活破綻者というイメージがつきまといますが、それによって職を失ったり、戸籍に情報が残ったり投票権を失うなどの差別を受けるような状態に追い込まれる事はありません。

自己破産をする事で債務の返済が不要となりますがこの時に整理出来る資産や財産は全て処分して返済可能な分を返済した上での自己破産となります。 家族が保証人で無い場合は家族に知られない様に自己破産の手続きを踏む事も可能ですが、資産や財産を整理したり度々裁判所に出向かなければならないなどがあるため実際には困難でしょう。
出来れば家族の協力の元で人生の再スタートを切る事が出来ればそれに越した事はありません。
民事再生や自己破産は弁護士でないと訴訟代理権を持たないので注意してください。

債務整理は多重債務者の生活再生を支援する制度ですが、債務整理の前に過払い金が無いかどうかを忘れずに確認してください。 2006年以前に年間金利が20%以上で借入をしていた人は過払い金が発生している可能性があります。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集