おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>闇金について


ローン、キャッシング、おまとめローン、これらの金融関連に影のようにつきまとうのが闇金です。
闇金とは無許可で行われているもぐり融資を行う金融業者の事を言います。
2006年の貸金業法改定によって銀行以外の貸金業者が利用者に課す事が出来る金利の上限は貸付金によって15%〜20%まで、 新規融資は利用者の年収の1/3以内と規定されていますが、当然の事ながら闇金業者はこの法律を無視します。

簡単に年収の数倍もの金額の融資を持ちかけますが利子も法外なものです。
闇金でよく使われる利率は年利の日割りや月割りなどというセオリーが当てはまりません。
トイチは10日で1割、トサンは10日で3割の利息がつきます。

万が一おまとめローンとして100万円も借りようものなら10日で10万円の利息を支払う事になってしまいます。また彼らは取り立ても悪質です。
闇金業者はおまとめローンの利用者が家族や知人に多重債務の事を知られたくないのだという事をちゃんと知っています。 ですから、利息が払えないと知ると職場や家庭に督促の電話をかけてきます。
しかも利用者が最も嫌がる方法で。

闇金にとって正規のおまとめローンが利用できない多重債務者は格好の獲物なのです。取り立て方法は職場への脅しまがいの督促電話、露骨な脅迫、自宅への押し掛け集金なども平然とやってのけます。

彼らは良心の呵責などとは無縁の存在なのです。背後には指定暴力団やそれに類する組織があり、それらの資金源となっている事が多く、取り立て時には暴力を使う場合もあります。
しかしこの闇金は今後も増えて行く事が予想されています。
その理由は先述した改定貸金業法の総量規制によって正規の消費者金融や信販系の場合、新規の融資は利用者の年収の1/3以下に制限されるからです。
行き場を失った多重債務者の多くはやむなく闇金を利用せざるを得ない状況に追い込まれ、その数は年々増加していき、ニーズの高まりと共に闇金業者数も増えるという訳です。

闇金業者にとって、個人の多重債務者はもとより個人事業主も獲物として狙い易い獲物です。
長引く不況によって中小企業は銀行からの資金融資が受けづらい状態になっています。
資金繰りに困った個人事業主は止むなく闇金に手を出す状態に追い込まれて行くことは容易に想像出来ます。 しかし闇金に手を出す前にもう一度良く考えてみてください。
闇金に手を出せば確実に今よりも債務が増えて、返済出来ない場合には悪質な取り立てによって家族や会社、または知人にその事実が知られるのは時間の問題です。
どのみち知られてしまうなら、出来るだけ傷は浅いほうが良いに決まっています。
勇気を出して、闇金に手を出さずにこの事態を乗り切る方法を家族や知人に打ち明けて、弁護士や司法書士など債務整理の専門家に相談しましょう。

おまとめローンが利用出来ないのなら一人で抱え込まずに周囲の支えを得ながらこの難局を乗り越える努力をする事が何より大切です。 闇金からお金を借りて生活を再生出来る人はいません。彼らはそこから甘い汁を吸いきろうと待ち構えているのですから。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集