おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>借金は一人で悩まない


多重債務は人に打ち明けづらい悩みです。
出来るだけ人に知られないうちに完済したいものですね。しかし、多重債務で生活破綻者となるのは一人だけで借金問題を解決しようとしている人に割と多く見られる傾向だと言われています。

その理由は何故でしょうか?
借金苦に悩む人のブログには特徴的な言葉が綴られていました。
借金の返済は非常に孤独なもので、街中で人並みにもまれている時にふと我に返ると自分の人生ってマイナスをゼロにするだけのものなのだろうか?と自問自答してしまうそうです。
このまま終わりたくない、それでまたローンを組む。
何かで気を紛らわそうとしても誰にも相談出来ないから、一人を誤摩化したいから何かにハマったふりをして買い物をする言い訳を自分にするのだと語られていました。

心理学の世界では何かへの依存傾向が極端に強い依存症は底尽き体験や離脱症状を超えないと克服出来ないと言われています。ローンを終わらせるために借り入れるおまとめローンの返済中に、またローンを組んでしまう。これは一種の依存症です。
買い物に依存する買い物依存症の場合、やがて資金は底をつきます。
底をついて初めて買い物依存症から抜け出せるというのです。先のブログの筆者の場合、一人を誤摩化したいから何かにハマった振りをして買い物をする言い訳を自分にするという言葉に買い物に依存する理由が見られます。

この方のブログの内容に興味が出てきたので今度は買い物依存症を克服出来た人のブログも調べて訪れてみました。
そこには家族に打ち明けた事でこれ以上恥ずかしいことは無くなったので借金地獄から抜け出せたという言葉がありました。また高額なブランド品に手を出そうとしたときに、ちゃんと思いとどまり、本当に自分にそれが必要なのかどうかを自問する事ができるようになり、その時にはちゃんと家族に相談する事で今はローンを減らす事に集中出来たというのです。さらにそれまで自分は今まで購入してきたブランド品には大した思い入れがある訳ではなく、ただその品物を持つ事だけに執着していた事にも気がついたと言う話しもありました。

この両者の違いは相談する人がいるのかいないのか、ですね。
またこの点に解決の糸口があるような気がします。人は孤独を感じる時、とてもストレスを感じています。ストレスを日常的にためる事は健康状態にとっても良い状態ではありません。
気の置けない友人と何気ない話しをしている時、とても楽しくて時間を忘れておしゃべりに熱中していた経験は誰にでもある事だと思います。理由や答えはそこに無くても、思いついた事や日頃から考えている事や感じた事を誰かにしゃべるという事はそれだけでストレスを和らげる作用があるのです。

もし、どうしても家族や周囲に多重債務の事を話しが出来ない人は、専門家に相談しましょう。
心療内科でも弁護士でも構いません。人に話す事で少しずつ自分の心の負担を軽くして行く事が出来れば借金の事だけで頭の中が一杯の状態で日々を過ごす事もなくなります。
闇金やおまとめローン詐欺の言葉に頼るよりも自分をこの状態から引き出してくれる人の言葉に耳を貸しましょう。まずは一人で悩まない事が大切です。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集