おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>日本版金融ビックバン


おまとめローンについて借り方から詐欺に到るまで様々な事について説明してきましたが、そもそも何故おまとめローンの様な金融商品が登場したのかについて説明してみたいと思います。

それにはまず日本版金融ビックバンと呼ばれる大規模な金融自由化政策について述べる必要があるでしょう。 金融ビックバンとは大規模な金融規制制度改革の事を言います。
元は1986年にイギリスで行われた証券制度改革の事を宇宙創世時におこったとされる大爆発(ビックバン)になぞらえて作られた言葉です。 国の運営は税金によって成り立っています。ですから金融政策を変更するという事は国のあり方の舵取りを大きく変更するということでもあるのです。

日本版金融ビックバンとは1996年から2001年に立て続けに行われた金融制度の自由化改革の事です。
この頃の日本の金融システムは銀行によって支配されていました。最も端的にそれが分かるのが外貨の扱いですね。 日本版金融ビックバンが起こる前の日本では外貨を取り扱えるのは銀行に限定されていました。 外貨預金や外貨の両替は銀行でないと行えないというのが日本人の常識だったのです。 ところがこの金融制度改革によって銀行以外の業者でも外貨を自由に扱う事が出来る様になったのです。FX取引(外国為替証拠金取引)などはその最たるものでしょう。

消費者はFX業者に口座を開き自由に24時間いつでも外貨取引が出来ます。
ところが以前はこの様な取引は法律上行う事が出来なかったのです。
ビックバン以前の日本の金融システムは言ってみれば銀行による護送船団方式と呼んで良いかと思います。 ところが金融ビックバンによって銀行業、保険業、証券業などを銀行以外の業者が代行する事が解禁される事になります。この改革のスローガンは「自由」「平等」「国際化」でした。

金融ビックバンで自由化された政策には証券総合口座の導入、外為法改正、銀行への投資信託窓口販売の解禁、ネット証券の自由化、ラップ口座の解禁、 金融持ち株会社の解禁、株式の委託手数料の自由化、取引所集中義務の撤廃、ディスクロージャーの整備、私設取引システムの導入など多岐に渡ります。 ビックバン以前の金融システムが銀行による護送船団方式だというのはこれらの解禁事項の大部分は銀行によって行われていたという事です。
つまり銀行が首を縦に振らない限り、自由な金融業務が行えないという状況だったのが、銀行と同等の権限を有する他の金融機関が登場する事になり閉鎖的な日本の金融市場に競争が生まれたのです。
しかし、金融市場を自由化するという事はそれまでの個人投資に慣れていない日本人にとっては投資のリスクを理解しないまま私財をなげうって大損をしたり、また高利貸しによる多重債務問題の深刻化を浮き彫りにさせました。 ある人は投資で被った損を補填するために、またある人は多重債務による返済額を補填するために消費者金融を利用する事になります。

多重債務は月々の支払額を増額させるためますます現金による決済が出来なくなって行きます。
日常品などのちょっとした買い物もローンを利用せざるを得ない状況になり、いよいよ苦しくなって闇金に手を染めたり、自殺や自己破産をする人が増加してしまう結果を招きます。
このような時代背景があって銀行もビックバンによって個人向けの金融商品を積極的に扱う様になり、多重債務者救済のためのおまとめローンが誕生したのです。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集