おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>絶対に送金しない!


この世の中好んで詐欺の被害者になる人はいないと思いますが、そうとは知らずおまとめローン詐欺の甘い勧誘に乗ってしまった場合、まず、彼らの手口である 「信用調査のために他の消費者金融からお金を借りてきて下さい」と言われ時点でその取引を中止してください。

まっとうな金融業者が信用調査のために他の金融機関からお金を借りさせるような事は間違ってもありません。 この時点で気がつけばあなたからの送金が確認出来るまでの間は電話は繋がる状態であるはずですので直ちに警察に通報しましょう。

もちろん他の業者から融資を受けてはいけません。

これまでの債務に加えて新たな借入先が出来るばかりかキャッシングがあると消費者金融のおまとめローンを受ける時に不利になってしまいます。
もし万が一お金を借りてしまったとしても絶対に送金してはいけません。
消費者金融の金利の計算は日割りで発生します。当日の内に返す事が出来れば金利は発生しないか発生したとしてもごく僅かです。 そのお金を送金してしまったらその詐欺グループはあなたとの接触を断ってしまい行方をくらまします。多重債務はどんな人でもなる可能性があります。

それまで順風満帆だった人生がちょっと手持ちが無かったからとかどうしても欲しかった (必要だったではありません)という理由でローンを組んでそれが重なると感覚が麻痺していまうのです。
簡単に高級品が手に入るという事は消費意欲をますます刺激します。
プレミアものやレアなものは無理をしてでも手に入れようとしてしまうのは誰にでも起こり得る事なのです。 自分は大丈夫と思っている人でもいざ、多重債務の状態になりおまとめローンを利用する事になったら、それまで真面目であまり世の中の裏を知らずに過ごしてきた人ほど詐欺グループの餌食になりやすいのです。 本当に大丈夫な人はその裏社会の事を熟知している人ぐらいではないでしょうか?

これだけ貸します詐欺やおまとめローン詐欺が問題視されるという事はそれを企む人間と返済に苦しんで窮地に追い込まれている人がいるということの証です。
窮地に追い込まれた人間は冷静な状況判断が出来ない状態になってしまう事は良くある事です。
後になってみて「信用調査のために他から借り入れさせるなんていう不自然な事になんで疑問を持たなかったんだろう?」と後悔してもその借入を契約したのは正規の消費者金融とあなた個人であって詐欺グループではありません。

あなたは詐欺の被害者でもありますが、お金を借りた消費者金融には返済する義務があるのです。
もし、どうしても銀行や消費者金融のおまとめローンが利用出来ない程の状態だったとしたら、そこは反省して債務整理をする方向で弁護士や司法書士に相談するのが最善策と言えるでしょう。

債務整理はそれを行ったからといって社会的に不利な状況に追い込まれる事はありません。
あるとしたら新たな借入やローンが組みづらくなる程度です。 周囲から社会的な落伍者として扱われる訳ではありませんのであまり思い詰めずに専門家に相談して下さい。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集