おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>騙された!と分かったら


おまとめローン詐欺というのが詐欺事件として成立するのは、実際に被害が出た場合に被害者が警察へと被害届け出をだした場合です。 被害者からの届け出が無い場合は事件として扱われないため、もし、おまとめローン詐欺に引っかかったと思ったら勇気を出して警察に相談して下さい。

また実際には詐欺グループにお金を送金する前に気づいたという場合、それは通報という形になります。 この段階では事件性の有無は他にも被害者が居るかどうかによっても変わってきますが、詐欺事件としてでは無く貸金業法違反などの罪を問う事が可能です。

詐欺事件として取り扱われる場合、もし犯人が捕まったとしても裁判を経て有罪が確定するまでには時間がかかります。 もし被害金を加害者の詐欺グループに請求しても実際に取り返せるのは罪が確定してからという事になりますね。 ですから、おかしいな?詐欺かな?と思ったらその場ですぐに手を引く事と、警察へと通報する事、そして何よりお金を詐欺グループに送金しない事が大切です。

もし、万が一送金してしまった場合、おまとめローンの信用調査の名目であなたが消費者金融から借りたお金は返って来ない可能性のほうが高いという事もキモに命じておきましょう。

更にその消費者金融が融資を実行したのは詐欺グループでは無くてあなたですので、詐欺事件とは別という事になります。 弁護士に相談して何とかしてもらおうと思っても、債務整理をするという形で債権者に介入通知を出して取り立てを止めてもらう事は可能ですが、返済義務が消えるという訳ではありません。

残念ですが、このケースの場合、騙されるほうにも非があるという事になるのです。
また被害届を出したとしても、最近のおまとめローン詐欺の手口は巧妙化していて送金先などから足がつきにくいような仕掛けになっています。
犯人が捕まって被害額の請求が認められ手元に戻ってくるとなると殆ど奇跡に近い確率なのです。

キャッシングやローンは断られると焦りが出てきて冷静な判断を見失いがちです。
また、家族や知人に知られたくないという羞恥心がその焦りに油を注ぐ事になりやすいので、おまとめローン詐欺に簡単に引っかかってしまいます。
もし、銀行や消費者金融におまとめローンを断られたらそれは自分の経済状況がそれだけ不健康であるという事を素直に認めて反省しましょう。 そして、家族や知人に知られてしまうリスクと闇金やおまとめローン詐欺に引っかかるリスクとどちらが重たいかを考えましょう。

借金やローンで命を失うという事はありません。大切なのはそれ以上傷口が広がらないうちにまっとうな方法で自分の人生の立て直しを図る努力をする事です。

正規のおまとめローン全てが断られた場合は弁護士や司法書士に相談をして債務整理の手続きに入る事を考えて下さい。 債務整理を行っても債務は消えませんが、専門家があなたの収入に見合った返済プランをたてて、人生の再生を手伝ってくれます。 現代社会の闇に巣くうのがおまとめローン詐欺ですがあなた自身はその闇に飲まれてはいけないのです。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集