おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>騙されやすいのはこんな人


詐欺やマルチ商法に引っかかりやすい人とはどんな人でしょうか?
ちまたでは「かもリスト」と称される騙し易い人の一覧が闇金業者や詐欺グループの間で取引されていると言われています。 それではこのような悪徳業者にターゲットにされやすい人とはどのような人なのかについて考えてみましょう。

まず最近のオレオレ詐欺や振込詐欺の被害者として報道等でも良く登場するのが高齢者です。 高齢者は一定の貯蓄があり年金生活をしているため数百万円という高額の詐欺のターゲットとして狙われ易いのです。 それに加えて核家族化が進み、高齢者が子供や孫の生活状態を把握出来ていないために孫を装われると簡単に詐欺にあってしまうという傾向が指摘されています。

一方おまとめローン詐欺の対象になりやすいのはブランド品を好む主婦層や子供の多い家庭の親、個人事業主、クレジットカードで買い物をする機会が多い人などです。
またギャンブルが好きな人の場合は闇金に自ら向かってしまう傾向があるようです。

こうして見ると実に多くの人が詐欺のターゲットになり易いという事になりますね。
ブランド品を好んで買う人は、不要になったブランド品を売るために質屋やリサイクルショップを良く利用します。 したがって、数週間ほど見張っていればターゲットの目星を付け易いといいます。

またクレジットカードで買い物をする人はいつの間にかお店のカードリーダーにデーター転送機などを付けられてしまうと 簡単にクレジットカードで買い物をした経歴や個人情報が詐欺グループへと知られてしまいます。これをフィッシングと呼んでいます。

また近年では大掛かりなサイバーテログループによる大企業への攻撃によって顧客情報が漏洩してしまう事件が相次いでいます。 そして最近はお店以外でもインターネットで買い物をする際にクレジットカード情報を入力する機会が増えましたが、古いパソコンを使っている人であまりパソコンに詳しくない人の場合、セキュリティに問題があるケースがあります。

クッキーをOnにしてファイアーウォールを設定していない場合、外部からそのパソコンへの進入が簡単に出来てしまい、直前に入力されていたクレジットカード情報がまるまる盗まれる可能性があります。

セキュリティとはコンピューターウィルスからパソコンを守る事ばかりでなくこういった外部からの不正アクセスを防止するためにも非常に重要なのです。
これは携帯電話でも同じ事が言えます。
特にE-Mailのセキュリティレベルを下げて、フリーメールを受診出来る様な状態にしていると思わぬ形で携帯電話に保存されている情報が盗み出される可能性があります。
利便性と安全性は常にトレードオフになるという事を理解しておきましょう。

また子供の多い家庭は育児費用の負担が大きいため、クレジットカードの利用頻度が高まりますし、家電品をローンで購入する事が多いので狙われやすく、 個人事業主は資金繰りのために個人よりも多くの債務件数を抱えている可能性が高く登記情報は公開されているデーターなのでおまとめローン詐欺の標的にされやすいと言えるでしょう。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集