おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>おまとめローンの落とし穴


上手に使えば苦しい月々の返済を一本化して金利面でも有利になり支払いが楽になるという便利なおまとめローンですが、ローンを組む際には気をつけなければならない点がいくつかあります。

実際におまとめローンを考えている人は買い物による支払いだけではなくキャッシングの支払いについてもまとめたい、いやむしろキャッシングの返済が大きな負担になっている人の方が多いぐらいではないかと考えられます。 キャッシング(現金)の借入残額が年収の1/3以上残っている人は消費者金融のフリーカードローンを利用する事が出来ません。これは2006年に改定された貸金業法による影響です。

したがってキャッシングの残額が多く残っている人が利用出来るおまとめローンは自ずと銀行系という事になります。 と、ここまではこれまでも説明してきた通りです。ところがここに大きな落とし穴があります。 キャッシングの残額が多く、貸金業法の適用範囲にいる人は銀行におまとめローンの相談に行く前にまず、自分自身の借入状況を可能な限り把握して下さい。 というのも貸金業法では銀行以外の貸金業者がキャッシングを実行する際の上限金利を貸付金によって15%〜20%に引き下げています。
この法律が改正される前までは貸金業者が貸付金に科す事が出来る上限金利は29.2%でした。
この改正前後の金利差額をグレー金利と呼んでいます。

もし、2006年以前の借入金を現在も支払い中の人の場合、このグレー金利に該当する可能性があります。 グレー金利には業者側の言い分(みなし金利)もありますが、債務者が支払済のこの金利差額分は払い過ぎた分(過払い金)として返還請求を起こす事が出来ます。

この過払い金請求を起こして戻ってくればそれだけおまとめローンに申し込む際の金額も減額する事が出来ます。 もし、この過払い金に気づかずにおまとめローンに申し込んで融資が実行されてしまうとこの過払い金の分も設定されてしまうことになります。

一度設定したおまとめローンは解除出来ないので銀行への返済は行わなければならなくなります。
もちろんおまとめローンを借りた後でも過払い金請求は起こせますが、過払い金の返還請求は借入を起こしてから10年以内に起こさなければなりません。

無駄なお金を借りないためにもこのような問題は先に片付けておく事をおススメします。
過払い金についての詳細は弁護士か司法書士に相談すれば教えてくれますし、手続きの代行も行ってもらえます。時間の無い人は専門家に相談してみましょう。

ただし専門家に相談または手続きの代行を依頼する場合にはギャラが発生します。
またおまとめローンを兼ねたフリーカードローンの場合、銀行系でも支払いが進んで融資枠に余裕が出来た場合には追加融資の案内が届く事があります。
多重債務で苦しんだ事を思い出して追加融資の誘いには乗らない強い意志を持つ様にして下さい。
東京スター銀行のおまとめローンや信販系のセゾンが用意している生活応援ローンの場合、カード発行が無く返済計画を立てた上でそれに従う事を前提に融資が行われるので追加融資の案内をするような事は無いですが、その他の金融機関の場合は注意が必要です。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集