おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>おまとめローン誕生秘話


おまとめローンが誕生した背景にはクレジットカードの普及によるローン決済の件数増加、消費者金融の台頭、バブル経済の破綻またはそれに伴う日本版金融ビックバンと呼ばれる金融商品取引法や金利制限法や出資法の改定、長期低金利政策などの様々な要素があります。

1970年代後半から1980年代後半にかけて日本はバブル経済と呼ばれる好景気にわいていました。
バブル経済とは現金決済以外の商取引や金融取引によって経済が潤う事をいいます。
この頃日本経済が好調な伸びを維持し、庶民の間でも高級指向が定着し、高価なブランドものや外車がクレジットやローンで飛ぶ様に売れました。 また好景気に後押しされた土地代の高騰をうけ不動産価格もそれまでの倍以上の値段をつけたにも関わらず空前のマイホームブームが巻き起こったのです。

しかしそのバブル経済も1990年代前半から次第に下降線をたどる様になります。
財テクの破綻や消費傾向の増加で自己破産する人の数が急増し、倒産する法人も後を絶ちませんでした。 こうした経済の後退に歯止めをかけるため政府は1996年11月、時の第二次橋本内閣は金融制度の大幅な改革を打ち出します。これが後に日本版金融ビックバンと呼ばれるものです。


金融ビックバンとは1986年イギリスのサッチャー首相によって英国証券取引所で行われた証券制度改革のことを言いますがそれになぞらえて日本版金融ビックバンと呼ばれるようになったのです。
ちなみにビックバンとは宇宙創世のときに起こった大爆発の事で大規模な金融制度へのてこ入れで従来の市場の慣習を覆すような大胆な変革だったためにこのようなネーミングとされました。

日本版金融ビックバンでは、それまで多くの規制が敷かれて閉鎖的だった日本の金融市場を開放し、金利引き下げ政策をとり様々な規制が緩和されました。 これによって金融市場の活性化と証券業界の国際化をはかろうとしたのです。金融ビックバンによって台頭してきたのが消費者金融でした。
これによって銀行はお金を貸し易くなったハズなのですが、この当時銀行が融資を行うのは主に企業に対してでした。一般の人はバブル期に台頭してきた消費者金融や信販系のクレジット会社から現金を借りるのが普通でした。 ところがバブル期の金利は年利で29%近くもあり、景気後退で年収の減った消費者の家計を圧迫します。バブル期にマイホームを購入した人はそれまでの路線価による適正価格よりも遥かに高い金額で購入していたのです。 そういったツケが次第に家計を圧迫し、多重債務で苦しむ人は後を絶ちませんでした。 金融緩和政策によって銀行でも自由に個人向けの商品を提供する事が出来たのですが、メガバンクと呼ばれる大手の銀行はこの頃消費者金融と業務提携して個人向けの融資は消費者金融で行うような方向性に流れました。 この理由には出資法改定と金利制限法の制定が大きな影響を持っています。 それまで年利で25%?29%という高利で貸し付けていた消費者金融は金利制限法によって利息の上限20%までという規制がかかったのです。

この法律が制定された当時の金利で融資を受けていた人は上限20%以上の金利を支払っていた場合、過払い金として返還請求を起こす事が出来た上、自己破産などによる回収不能な債権の増加が資金を圧迫し始めたため銀行との提携によって資金面での援助を受け生き残りをかけたのです。

しかし金融ビックバンも多重債務で苦しむ人の悩みを解決できた訳ではありませんでした。
とはいえ、金融自由化も次第に進み、中堅銀行は大手には無い個人向けの金融商品を打ち出し他行との差別化を模索するようになり新しい個人向けの金融商品を発表しました。
それが東京スター銀行のおまとめローンです。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集