おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>借金が消える訳では無い


ローンを買い物をする際の数ある支払い方法の一つだと捉えればそれは借金ではないという考え方が成立します。しかし、ローンというシステムを今一度良く考えてみてください。
それは支払いの一つの形態ではありますが、信販会社に一旦建て替えてもらって、その金額に利息と手数料を上乗せして分割返済するシステムです。

ローンやクレジットを借金と捉えるかどうかは個人によってそれぞれの考え方があると思います。 ただ、システムとしては支払いを代行してもらっているのだという事は良く理解しておきましょう。
またキャッシングの場合は現金を借りる事になるのでこれは純然たる借金です。
実はローンという言葉を日本では厳密に区別する事なく広義な意味で使っています。
本来の意味で銀行が債務者の借入を肩代わりする事ならローンという考え方で間違ってはいませんが、消費者金融などのフリーローンの様に一時的にキャッシュを引き出すのはローンでは無くキャッシング(借金)ですね。 したがっておまとめローンを検索してフリーローンを利用する場合にはそれは借金であるという事を認識する必要性があると思います。

また現金のやり取りが無いだけで返済しなければならないものが残るという点ではおまとめローンでもフリーローンでもどちらも変わりません。 つまり、上手に利用してトータルの支払金や月々の返済金を圧縮する事はできますが、それは計画的に返済される必要があるということです。
従って、おまとめローンが終わるまでは新たなローンを組まないという決意も必要なのです。

この決意が無いと毎月の支払いが減った事で、また多少ならばローンを組んでも大丈夫だという錯覚を起こしてしまいます。 苦しかった時の事を忘れ、いつの間にかあの時はあれだけの金額を払っていたんだから、あんな金額までいかなければ大丈夫という都合の良い言い訳を自分自身にし始めます。

これでは元の木阿弥、おまとめローンを利用する意味やメリットは意味を無くしてしまいかねません。
その意味でおまとめローンも一つの「借金」と思ってこれ以上借金を増やさない努力をする方が効果的だと言えます。 金融の世界ではローンは借金と捉えない事が通常です。

したがって金融コンサルタントの中にはおまとめローンを利用する事で借金が消えると説明する人もいます。 これは間違いではありません。しかし借金となると心証も悪いので自分自身に言い聞かせるには戒めとなります。 おまとめローンで借入を一本化すると月々の返済の負担が軽くなるため、全ての借金が消えたかのような気分になります。

しかし、先ほども述べた通り、おまとめローンは新たな借金と認識してまずはその借金を返す事を最優先する事を意識する事で自分自身の経済状況を健全な状態で維持して行く事が実行し易くなります。
世の中には「好事魔多し」ということわざがあります。
おまとめローンが利用出来て気持ちに隙が生まれると本当の意味で更なる借金を増やす事にもなりかねませんので、十分に注意かつ確個たる決意で返済計画を立てそれを実行するようにしましょう。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集