おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>おまとめローンが人気の訳


現在インターネットで「おまとめローン」と言う名前で検索すると沢山の金融機関のローンや比較サイトがヒットします。しかし、おまとめローンという名称の金融商品を扱っているのは東京スター銀行一社のみです。それ以外の銀行は別な名称かあるいはフリーローンという金融商品になります。
それだけ「おまとめローン」という言葉が一般に浸透した背景にはどのようなものがあるのでしょう。

この章ではおまとめローンが何故メジャーになったのか、その理由を探って行きたいと思います。
今や、複数のローンを一本化することを普通に「おまとめローン」と言っていますが、先述した通り「おまとめローン」とは東京スター銀行が取り扱う金融商品の名称です。


この名称がローンの一本化の代名詞になったのは東京スター銀行がいち早くローンの一本化に特化した金融商品を世に送り出し、マスコミを通じて大々的な広告キャンペーンを行ったからだと言われています。 これはカセットテープを使う携帯型の音楽プレーヤを総じてウォークマンと呼んだ事に似ていますね。
ウォークマンとはこの携帯型音楽プレーヤを開発したソニーの商品名なのですがあまりにヒットしたため、他社の同様の製品も全てウォークマンと呼ばれる様になりました。
日本にはこういったヒット商品がそれと類似する商品の総称として呼ばれる事が多々あります。
カップラーメンも日清の即席麺の商品名ですし、デジカメもカシオの商品名でした。
このように一つの商品名がその他の類似する商品の総称になるというのは裏を返せばそれだけその商品に対する社会のニーズの高さを物語っています。

では何故ローンの一本化がこれほどまでにメジャーな商品名となったのでしょう?
そこには「多重債務」というキーワードがあります。今この記事を読んでいるあなたにはどれだけのローンがありますか? 家のローン、車のローン、子供の教育ローン、その他趣味で買ったブランド品や家電製品のローンなど気がつけば沢山の商品をローンで買っていませんか?

ローンで物を買うという事は商品価格に手数料と金利が付いてきます。
金利はローンが長期になればなるほど実際の支払い金額が増える仕組みになっています。
一括して返せば金利が返ってくると言うのを聞いた事があると思いますが、それと同じ事だと理解して下さい。月々の負担を軽くするためのローンが2つ3つと増えて行く事で逆に家計を圧迫するようになります。 信販会社が実行する買い物ローンの金利はそれほど高いものではありませんが、それも積もればばかにならない金額になりますし、更に消費者金融や信販会社のキャッシングを利用している場合には上限で20%の金利が課せられる事になります。 こうなっては毎月の支払いだけで一杯一杯になってしまいますね。金額だけではなく複数の金融業者に対しての支払い額の管理だけでも大変な作業です。

どうにかして支払先を1カ所に出来ればそれだけで手続きの煩雑さは大分楽になります。
その上銀行から借り入れて一本化出来れば金利を安くする事も可能なのです。
年率の高い利息に関しては金利の安い銀行を使って一本化する事で一旦清算するとその分の負担がかなり軽減される事にもなります。
トータルで考えれば元金は支払う事でしか減らしようはありませんが、金利はかなりの負担減が期待出来ます。 こうして支払い管理の煩わしさとトータルの返済金額の減額が見込めるためにおまとめローンは人気を博したのです。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集