おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>おまとめローンのデメリット


おまとめローンにはメリットもありますがデメリットもあります。
このデメリットをしっかりと知って利用する事が更なる借入を起こさないための重要な手がかりとなります。 それではこの章ではおまとめローンのデメリットや逆に失敗するとどんな怖い目に遭うかを検証してみましょう。 おまとめローンを利用しようとする消費者の心理を考えてみて下さい。

多くの人は月々の支払いに追われて精神的にかなり追いつめられた状態だというのは安易に想像できますね。 本家である東京スター銀行の扱うおまとめローンは融資金の利用目的を債務の一本化に絞っています。 したがって今ある借入金と借入先を申告し、返済に必要な金額以上の融資を行うことはまずありません。 そして融資額によっては担保や保証人が必要であるケースも発生します。
これでは秘密にしていたい借金を周囲の人に明かしてしまうというリスクが発生します。
また銀行系のおまとめローンは融資が厳しいというデメリットがあります。

これに比べて消費者金融や信販会社系のおまとめローンの実態は使用目的を特に問わないフリーローンであるケースが殆どです。 この場合は融資の上限金額がかなり下がるのと、金利が銀行に比べるとどうしても割高になるというデメリットがありますが無担保で保証人も不要、審査も甘いというメリットがあります。 借り易さという点では消費者金融や信販会社のフリーローンを使った方が有利ですね。

しかし、おまとめローンを利用する時は不退転の覚悟で利用する決意が必要です。
実はおまとめローンの一番のデメリットは安易に借金を一本化して借金を減らそうとする考え方の甘さと融資後の気の弛みにあると言われています。

最初の方でおまとめローンを利用しようとしている人の心理を考えてみて下さいと質問しました。
きっと多くの人は「追いつめられて苦しいから」と答えるでしょう。

銀行の融資とは非常にシビアに現実を指摘します。その中には「どうして苦しくなるまで借入金を起こし続けたのですか?」という質問が浴びせられることもあるでしょう。
その時にきちんと反省をして、これ以上借入金を増やさないという覚悟が見られない人には銀行は融資を実行する事は無いでしょう。 それだけ審査のハードルが高いのです。

銀行の融資が受けられない人は次に消費者金融に向かうというのは自然な流れですね。
背に腹は代えられません。しかし、消費者金融は確かに銀行に比べれば融資を受け易いのですがここに落とし穴があります。 もくろみ通り融資を受けて一本化した事で今度は返済へのプレッシャーが一気に弛んでしまうというケースが実に多いのです。

実際にはおまとめローンを利用しようとする人は「借金に対する考えが甘い人」として金融のプロは判断します。 融資金の焦げ付きが一番怖いため融資の際には厳しい事も質問してその人の覚悟を問うのです。 しかし融資後に気が弛んでしまうと更なる借入を起こしてしまう事は元々ローンで買い物をしている人には抵抗が無い行為なのです。

おまとめローンは最後の砦だと思って申込をしましょう。
ここで更に借入金を増やしてまたおまとめローンを利用すれば良いなんていう甘い考え方を持ってはいけません。 あなたの融資情報は信用調査会社にきちんと保管されているのです。
2度目からのおまとめローンの審査のハードルの高さは初回のそれとは比較にならないぐらい高くなっています。 その時に融資出来ない人は闇金やおまとめローン詐欺の甘い言葉にのせられて生活を破綻させてしまうレールの上に乗る事になるのです。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集