おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>以外と知られていない信販系


おまとめローンをインターネットで検索するとヒットするのは大体銀行か消費者金融です。
しかし以外と知られていませんが信販系の会社でもおまとめローンを扱っています。

その多くは消費者金融と同じような利率でのフリーカードローンですが、セゾンが扱うローン百選の中の一つに生活支援ローンというのがあって、さらにその中のコースの一つに計画完済コースというのがあります。 この計画完済コースの最大の特徴は信販系のおまとめローンであるにも関わらず年収の1/3以上を超えた金額でも融資可能という点にあります。

バブル経済がはじけて以来、長引く不況によって失業者が増え、それに伴い自己破産や債務整理に追い込まれる消費者の数も増加の一途を辿っています。 失業以外にもクレジットカードやローン決済の普及でちょっとした買い物でもローンを利用するケースが急増したのも自己破産や債務整理の増加を誘発した原因でしょう。 更に自己破産や債務整理に追われた果てに、生活破綻者や自殺をする人が年々増加し、深刻な社会問題となりました。この事を重く見た政府は2006年にそれまでの貸金業法を根本から見直し、新たな生活破綻者を作り出す事を防止、抑制する目的で同法律を改定します。 その結果、銀行以外の金融機関の場合、原則的には年収の1/3を新規融資の限度とする事が決定されました。

それ以外にも消費者側には新規の借入を受ける場合には年収を証明する書類が必要となり、金融業者側にはそれまでの上限金利29.2%を融資する金額によって15%〜20%にまで引き下げることも決定されています。 平たく言えば借入しにくい制度へと生まれ変わったのです。

またこの法律改正に先立って、増加する多重債務者を救済するために複数に渡る支払い先を一本化して月々の返済を楽にする「おまとめローン」という商品を東京スター銀行が打ち出し話題となりました。

1996年に日本では金融ビックバンと呼ばれる金融政策の自由化が押し進められ、銀行も住宅ローン以外の個人向けの融資を行える様になったのです。
しかも銀行は金利が安く、おまとめローンを利用する事でトータルの支払い金額も圧縮する事が可能なので人気を呼び金融革命の象徴となりましたが、銀行は融資審査のハードルが高いというデメリットがありました。 そこに目をつけた消費者金融や信販系の金融業者も相次いでおまとめローンと銘打った融資を打ち出したのです。

しかし、2006年になって貸金業法が改定された事でキャッシングを利用している消費者にとっては銀行以外のおまとめローンを利用しにくい状況になってしまいました。
しかしセゾンの計画完済コースは例外的に改定貸金業法の適用外とされたのです。

このプランの場合、多くの消費者金融や信販系の金融業者が扱っているフリーカードローンとは違い、カードの発行はありません。 カードを発行しない事で追加融資が受けられないため、無駄遣いする危険性が減少します。 また、融資実行から返済まで相談員が適宜アドバイスをくれる仕組みになっているので、金利以外は殆ど東京スター銀行のおまとめローンと同様のサービスを受ける事が可能です。
本気で返したい人で銀行でのおまとめローンを受けられなかった人は選択肢の一つに加えても良いのではないでしょうか。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集