おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>銀行系ローンでおまとめ


このサイトではこれまでおまとめローンの特徴や金融機関による違いなどを比較してきましたが、どうしてもこれからおまとめローンを利用したい人のためにこの章では各金融機関同士の比較ではなく実際に金融機関毎による利用について検証していきましょう。

まずおまとめローンの大本命といえば銀行系のローンです。
これまでも説明してきましたが、銀行系のおまとめローンにはおおまかに分けて2種類あります。
一つの方法は現在の借入金を全てまとめて支払いを一本化し、返済計画にしたがって返済を行ってゆく本家のおまとめローンです。このローンの場合は一度借りると返済まで追加で融資を受けることは出来ないのが通常で、融資された借入金は返済以外に使う事ができません。

もう一つはフリーカードローンでこちらは使用目的は自由で、返済中に融資枠に余裕が出来ると追加融資を受ける事が可能です。月々の返済金に困っていて本気で支払いを減らしたいと考えているならフリーローンでは無く本家のおまとめローンの利用を検討するべきでしょう。

人は一度ローンで買い物をすると次回からローンを利用する事に対して躊躇しなくなります。
3つ以上のローンが重なると4つめ5つめのローンに関してはあと1つローンが重なってもたいして変わらないという意識が働き、気がつくと多重債務の状態になり月々の返済額を支払うためにキャッシングに手を出す事になりがちです。

こうして次第に返済が苦しくなりどうにも身動きが取れなくなってしまうのは必至です。
こうなってから切羽詰まって闇金に手を出したりおまとめローン詐欺に引っかかる前に自分の支払い状況を把握して早めにおまとめローンに切り換え、新しいローンを組まない様に自分自身に規制をかけることが債務を減らすためには重要なのです。

また銀行の場合は審査の際も専門家から厳しい指摘を受ける事もあるでしょう。
その時に今一度自分のこれまでの経済状況が身にしみて実感出来る事と思います。
ところが同じ銀行系でもフリーカードローンの場合は、返済が進んで融資枠に余裕が出てくると追加融資の案内が届く事になります。一度借りたローンを完済しないうちから次の追加融資に手を出すとおまとめローンを利用しようと決意した前の状況に戻ってしまう可能性が非常に高くなります。

まずは自分を厳しく律する意味でも目的型で返済以外の使い道を制限される本家のおまとめローンの方が結果的には返済地獄の状態から抜け出し易くなります。
また返済期間中はクレジットカードの利用も出来るだけ控えましょう。
そのためにも返済計画をたてる場合には無理のない返済額を設定する必要があります。
そしてこの期間に出来るだけ現金で買い物をする習慣をつければ再び返済に苦しむ様な買い物をしなくなる確立が高くなります。銀行系のローンは金利が低いので長期的に借入をする場合には消費者金融よりもトータルの返済額を圧縮する事ができます。
また今までキャッシングでの借入金残額が年収の1/3以上ある人は銀行以外の金融機関では借入が出来ない場合が多いのでそう言う人の場合もまずはおまとめローンを検討しましょう。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集