おまとめローン

借入金をおまとめローンで一旦清算

おまとめローン>お手軽なのは消費者金融


もし、いまおまとめローンをお考えなら今のご自身のローンの状況を出来るだけ正確に把握してみて下さい。そして自分の年収がどれだけあるかも同時に考えてみてください。

実は2006年の貸金業法の改正によって、キャッシング(現金)の借入残高が年収の1/3以上残っている人は銀行以外の金融機関からの新規の借入は出来なくなりました。
また、新規の借入時には年収を証明する書類が必要になります。
これは買い物が現金からローンやクレジットカードによる決済へと移行した事で多重債務者が増え、それと同時に返済出来ずに債務整理や自己破産に追い込まれる人も増加して、大きな社会問題となった事が原因です。したがっておまとめローンを考える前に一生懸命返済をしていて、どうしても苦しくなってキャッシングを利用した人は残債がある場合には例え借入が出来たとしても貸金業法による上限によって必要な金額を借り入れる事が出来ないかもしれません。

ただ、まだ買い物のローンのみでキャッシングには手を出していない状態でなおかつ、総額がそれほど多くないならおまとめローンを利用して月々の返済額の負担を軽くする事が可能です。

おまとめローンには銀行系と消費者金融系や信販系のローンを利用する事が出来ます。
その中で、最も融資審査の甘い(借り易い)のは消費者金融だと言われています。
借入の際に保障人や担保も必要ないケースが多く、ネットで申込から融資実行までが可能な業者が多いので非常に利用し易いと言えるでしょう。ただし、気をつけなければならないのはたとえキャッシングをしていなくても借入可能金額の上限は自分の年収の1/3以内だという事です。

ですから目安としては100万円前後が消費者金融で利用出来るおまとめローンの借入金だと思いましょう。それから、消費者金融のおまとめローンはフリーカードローンが多いのも要注意です。
おまとめローンの落とし穴は借りる人の金銭感覚にあると言われています。
おまとめローンを利用しようとしている人は複数のローンを組んで返済に苦しんでいる多重債務者です。
このような人はローンを重ねて組んで買い物する事に抵抗が無い人だと貸す側の人間にはジャッジされています。

東京スター銀行の本家おまとめローンが返済以外の目的でローンが組めないのと違い、フリーカードローンの場合は基本的に借入金の使用目的は自由ですし、返済が終わらなくても途中で融資枠に余裕が出来たら追加融資が可能です。その時に簡単に追加融資をしてしまうとせっかくおまとめローンを使って月々の支払額を減らしている意味が無くなってしまいます。ですからおまとめローンは完済するまで新たなローンやキャッシングを組まないという強い意志が必要なのです。

また銀行のローンに比べて金利が高いのも消費者金融や信販系のおまとめローンの特徴です。
追加融資をすると借入金額によっては金利が下がるので一見得に思える場合もありますが借金が残る事には変わりないので注意しましょう。
おまとめローンは多重ローンを完済するためのローンである事を忘れてはいけません。
 おすすめローンはこちら、借入一本化にご利用いただけます >>
おまとめローン、30項目





1


(C) おまとめローン審査.jp おまとめローン30項目おまとめローン最新情報おすすめ低金利ローン利用規約運営企業相互リンク募集